埼玉へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユングフラウ鉄道JBの運転席とユングフラウヨッホ E

<<   作成日時 : 2008/09/07 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ユングフラウ鉄道JBは「スイス ユングフラウ鉄道JBの途中駅 D」についてで書きました事情により約10分遅れでユングフラウヨッホJungfraujochに到着しました。ヨーロッパの鉄道の最高地点、TOP OF EUROPEです。

ここでワーイ!と駆け出すと高山病でバタッ!と倒れますので、まずはゆっくりと運転席を観察します。
画像

これがユングフラウ鉄道JBの運転席です。シンプルかつ機能的なすっきりした運転台です。後で書きますが、マスコンは右、ブレーキハンドルは左にあります。
ちなみにユングフラウ鉄道JBはワンマン運転ではありません。熊みたいな大きな車掌さんが小さな車内を検札にきます。
画像

ホームに降ります。TOP OF EUROPE 標高3,454m 11,333ftです。
上からドイツ語・フランス語・英語・イタリア語・スペイン語と漢字で「ようこそ」と書かれています。
時計はここでも「秒針が止まるウェンゲン駅の時計 スイス ユングフラウ鉄道A」についてでご案内した秒針が12時で止まるスイス鉄道独特の時計です。
画像

息が苦しいです。なにせ富士山とほぼ同じ高さです。気圧は平地の6割しかありません。
ここはゆっくりと駅スタンプを探します。このスタンプも毎年置かれる場所が移動するようです。今回はお土産屋さんの中にありました。
駅スタンプでは左下にスタンプが置いてあるユングフラウヨッホの駅を、その上のSphinxスフィンクス展望台と天文台、中央にAletschgletscherアレッチャー氷河を描いています。
画像

このスタンプは日本への絵葉書にぴったりです。ユングフラウヨッホには日本の郵便局の赤い丸ポストがあります。お土産屋さんで絵葉書を買うとき切手も一緒に買えます。ここで投函した絵ハガキは2日後には日本に配達されていました。
画像

ユングフラウヨッホのお土産にはユングフラウヨッホで無料で入手できる Between heaven and earth と題した小冊子が好適です。
画像

ユングフラウヨッホの駅の構造・地質、トンネル建設の歴史からスフィンクス展望台にある天文台の観測内容、電力・水の供給方法、ハスキー犬の紹介までユングフラウヨッホの全てが書かれています。ただし日本語版はありません。

ようやく体が慣れてきましたので外にでます。快晴です。やったね!遥か日本から高いお金と燃料サーチャージをかけてきた甲斐があったというものです。
画像

上の写真はスフィンクス展望台、下の写真ははアレッチャー氷河です。写真を撮ったPlateauプラトー展望台では真夏でも雪合戦ができます。
画像

当日の気温は4.1度でした。日本のガイドブックではユングフラウヨッホは真夏でも氷点下と書いてありましたので、ももひき持参の厚着でしたが必要なかったです。
画像

ガイドさんによると地球温暖化の影響か、最近気温が高いことが多く氷河は年々後退しているそうです。氷河観光を計画されている方はお早めに行かれたほうがいいようです。

日本のガイドブックではユングフラウヨッホ滞在は1時間と書かれていますが、実際は観光客で混雑していますので女性トイレだけでも20分かかります。そのため1時間ではスフィンクス展望台と氷の宮殿・プラトー展望台の両方を見学するのは無理です。
予定時間は余裕を持って計画をたててください。

後ろ髪をひかれるように帰りの車両に乗ります。改めて運転席をみてみました。
画像

写真はクライネシャイデックに着いてから撮ったものですが、ご覧のように運転席の位置は日本と同じく左側です。運転席の表示はすべてドイツ語です。フランス語の併記はありません。
写真中央のスイッチはBeleuchtungとあり照明らしく、その右はHeizungヒーターとありましたので暖房スイッチだと思います。

ブレーキハンドルは左側にあります。
画像

目盛りは四つです。下からから右回りに" Breme losen " " 0 " " Bremese anziehen " " Schnellbremse"となっています。 ドイツ語はよくわからないのですが、順番に「ブレーキ解除」「ブレーキ」「中ブレーキ」「非常用(急)ブレーキ」ではないでしょうか?

冒頭の写真でおわかりのようにマスコンは右側にあります。ちなみに日本のブレーキハンドルは、電車・気動車は右側、機関車と新幹線は左側にあります。
ブレーキハンドルが固定式となっていることからユングフラウ鉄道JBでは空気式ではなく電気式ブレーキを採用しているのかもしれません。短い乗車でしたがいろいろ発見がありおもしろかったです。

次回はクライネシャイデックのまわりをご案内します。

ユングフラウ鉄道の旅についてはこちらからどうぞ
スイス ユングフラウ鉄道@ラウターブルンネン駅」について
秒針が止まるウェンゲン駅の時計 スイス ユングフラウ鉄道A」について
駅スタンプあり!クライネシャイデック駅 スイス ユングフラウ鉄道B」について
クライネ・シャイデックを出発 スイス ユングフラウ鉄道C」について
スイス ユングフラウ鉄道JBの途中駅 D」について
ユングフラウ鉄道JBの運転席とユングフラウヨッホ E」について
スイスアルプスハイキング ユングフラウ鉄道F」について


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユングフラウ鉄道JBの運転席とユングフラウヨッホ E 埼玉へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる