埼玉へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS クライネ・シャイデックを出発 スイス ユングフラウ鉄道C

<<   作成日時 : 2008/09/05 15:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

クライネ・シャイディックKleine Scheideggのユングフラウ鉄道Jungfraubahn=JBの車両です。麓のベルナーオーバーラント鉄道(Berner Oberland Bahn=BOB)・ヴェンゲルンアルヴェンゲルンアルプ鉄道(Wengernalpbahn=WAB)に比べだんだん車両がごっつくなって登山鉄道らしくなりました。
ユングフラウ鉄道JBもラック式鉄道ですがこれまでのウェンゲンアルプ鉄道のリッゲンバッハ式と異なりシュトループ式を使用しています。
画像

バカンスシーズンは世界各国から観光客が押し寄せます。自由席もありますがこのシーズンはご予約されるようお勧めします。
画像

Top of EUROPEユングフラフヨッホまでの車両は2両編成ですが、私の時はこの編成が3つコンボイを組んで出発しました。写真はコンボイの先頭をゆく車両です。
画像

クライネ・シャイディックを10時に発車した列車は高度をぐんぐん上げていきます。このようなすばらしい風景が広がります。
ちなみにクライネ・シャイディックからユングフラウヨッホJungfraujochまでのユングフラウ鉄道JBは通常は7時30分から14時30分まで1時間毎ですが、5月から10月は毎時00分発の臨時列車が運行されます。私の乗ったのはこの臨時列車でした。ユングフラウヨッホ到着は10時52分の予定です。
画像

カナベルをつけた牛さんもたくさん見えます。
しかしこのような雄大な風景もクライネ・シャイディックKleine Scheideggから約10分のアイガーグレッチャー駅(Eigergletscher)までです。 アイガーグレッチャー駅を過ぎると列車はアイガーを貫くトンネルに突入するので真っ暗やみとなります。写真が欲しい方はのんびりできません。
画像

今までの写真は進行方向右側からですが、やがて左手にはこのような氷河が見えてきます。
画像

写真が趣味の方はがんばってください。

ユングフラウ鉄道の旅についてはこちらからどうぞ
スイス ユングフラウ鉄道@ラウターブルンネン駅」について
秒針が止まるウェンゲン駅の時計 スイス ユングフラウ鉄道A」について
駅スタンプあり!クライネシャイデック駅 スイス ユングフラウ鉄道B」について
クライネ・シャイデックを出発 スイス ユングフラウ鉄道C」について
スイス ユングフラウ鉄道JBの途中駅 D」について
ユングフラウ鉄道JBの運転席とユングフラウヨッホ E」について
スイスアルプスハイキング ユングフラウ鉄道F」について


次はユングフラウ鉄道JBの途中駅をご案内します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クライネ・シャイデックを出発 スイス ユングフラウ鉄道C 埼玉へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる