埼玉へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS スイス ユングフラウ鉄道@ラウターブルンネン駅

<<   作成日時 : 2008/09/02 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

スイス ユングフラウ鉄道でTOP OF EUROPEユングフラウヨッホJungfraujochに行ってきました。これから何回かにわけてご紹介してきます。
今回はラウターブルンネンLauterbrunnen駅がスタートでした。
画像

ラウターブルンネンLauterbrunnen駅は標高796mです。切符売場にはこれから行く駅の標高が表示されています。ユングフラウヨッホ駅3,454mは表示板のスケールでは入りきれず欄外に書いてありました。
画像

ラウターブルンネンは人口約2,500人でベルン州に属しています。駅の構内、左手の旗がベルン州の旗です。
ひなびた田舎の駅を想像していたのですが、ホームは鋼材を組み合わせアクリル板の天井の明るいおしゃれな駅です。
画像

さて、このラウターブルンネン駅は厳密に言うとユングフラウ鉄道ではありません。

正しい「ユングフラウ鉄道(Jungfraubahn=JB)」とは、ここからヴェンゲルンアルプ鉄道(Wengernalpbahn=WAB)で行くクライネ・シャイデックで乗り換え、クライネ・シャイデックからユングフラウヨッホまでを運行する鉄道会社です。
しかし一般的にはこのJBとWABに加え、インターラーケンからラウターブルンネンのベルナーオーバーラント鉄道(Berner Oberland Bahn=BOB)の3つをまとめてユングフラウ鉄道(Jungfraubahnen)と呼ぶことが多いようです。

これはヴェンゲルンアルプ鉄道のラウターブルンネンからウェンゲンWengenまでの乗車券ですが、デザインは他の2社とも同じで3社共通乗車券となっています。
画像

こちらはインターラーケン行きのベルナーオーバーラント鉄道の車両です。
画像

他のヴェンゲルンアルプ鉄道やユングフラウ鉄道(JB)に比べて車両はがっしりしたつくりでした。
画像

私はヴェンゲルンアルプ鉄道でウェンゲンに向かいます。ラウターブルンネン駅のウェンゲン方面はご欄のようにホームと線路に高低差がなく路面電車に乗るような感じでした。
画像

ラウターブルンネンを発車するとこのような景色が広がります。ここらへんは氷河が削り取った深くて広い谷となっておりいくつもの滝が見られます。
画像

次はウェンゲンに停まります。

ユングフラウ鉄道の旅についてはこちらからどうぞ
スイス ユングフラウ鉄道@ラウターブルンネン駅」について
秒針が止まるウェンゲン駅の時計 スイス ユングフラウ鉄道A」について
駅スタンプあり!クライネシャイデック駅 スイス ユングフラウ鉄道B」について
クライネ・シャイデックを出発 スイス ユングフラウ鉄道C」について
スイス ユングフラウ鉄道JBの途中駅 D」について
ユングフラウ鉄道JBの運転席とユングフラウヨッホ E」について
スイスアルプスハイキング ユングフラウ鉄道F」について

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして
7月にミューレンに泊まりユングフラウヨッホに向かいましたがラウターブルネンからヴェンゲン方面に向かおうとしたところ乗ろうとした電車が脱線してしまい急遽グリンデルワルト経由に変更しました。
ラウターブルネンの近くの300メートルを垂直に落ちるシュタウプバッハの滝が壮観でした。
スイスの鉄道はホームらしいホームはありませんね。
ミニミニ放送局
2008/09/05 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイス ユングフラウ鉄道@ラウターブルンネン駅 埼玉へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる