埼玉へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS TGV−magazine TGVに乗りましたE

<<   作成日時 : 2008/08/23 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TGVには車内誌「TGV magazine」があります。
画像

週刊誌位の大きさでページは8月号で109ページありました。
東海道・山陽新幹線の車内誌「WEDGE」や「ひととき」に似ています。「WEDGE」や「ひととき」はグリーン車専用ですが、TGV magazineは2等車にも置かれています。

TGV magazine8月号は、表紙のベック・ハンセンのインタビューに始まり、「le Japon decrypte sans cliches」という題の日本人についての記事が7ページに渡って掲載されていました。(赤はアクサンテギュです。)
画像

私はフランス語がわかりませんので原文で紹介しますが、文中の写真には、LES FEMMES JAPONAISES S'AFFIRMENT TRES VITE COMME INCONTOURNABLES AU SEIN DU FOVER...とあったり、渋谷の刑務所病院レストラン「アルカトラズ」は、COMME SON NOM L'INDIQUE,LE LIEU RESSENBLE A UNE PRISONと紹介されていました。(青はアクサングラーヴです。)
画像

そのほか、ミッキー・グリーンを中表紙にしたカルチャーコーナーではLA VIE EN ROSE(バラ色の人生)と題したミッキー・グリーンについての記事や映画評論や書評、TVゲームの紹介まであり盛りだくさんな内容です。
画像

広告もおしゃれなものが多いです。このムーランルージュの一面広告は鮮やかで目を奪われました。
画像

8月号の最後ははルイーズ・ブルゴアンへのインタビュー記事です。
画像

この方はフランスのTV局 Canal+の夕方のニュース番組の天気予報のお姉さんなのですが、ゲストの閣僚や著名人との丁々発止のやり取りで人気を博しているようです。
自分が同性愛者とルームシェアをしていることを明かした上で同性愛に否定的な大臣をやりこめるという物議をかもす言動も多いらしいのです。日本のかわいいだけのお天気お姉さんとは一味も二味も違います。
このような方を国鉄の車内誌の巻末に堂々と乗せても平気なところにフランスの文化が感じられます。

フランスは日本に比べてアバウトですのでTGV magazineが補充されていなし席もありますがビュッフェ車にはたくさん積まれています。
TGVの旅ではフランスの文化も存分に楽しめます。

車内探検はこれくらいにして次回そのFからは途中駅についてご案内します。TGVはベルガルド駅に停まります。
(世界の車窓風)

これまでの記事についてはこちらをどうぞ
TGVに乗りました@ジュネーブ・コルナバン駅」について
TGVシャレトン号 TGVに乗りましたA」について
TGVは狭い!暗い!ボロい? TGVに乗りましたB」について
TGVからの脱出法 TGVに乗りましたC
TGVのトイレです。 TGVに乗りましたD 」について
TGVの停車駅@BELLEGARDE駅  TGVに乗りましたF」について
TGVの停車駅ABOURG-EN-BRESSE駅 TGVに乗りましたG」について
TGVは遅い?TGVに乗りましたH」について
パリ・リヨン駅 TGVに乗りましたI」について

番外編です。
フランス国鉄CC7100型電気機関車?TGVに乗りました番外編」について




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TGV−magazine TGVに乗りましたE 埼玉へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる