埼玉へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉B級グルメCゼリーフライ かねつき堂

<<   作成日時 : 2008/03/08 20:27   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

埼玉県行田市にはゼリーフライなる面妖な名称の名物があります。
ゼリーフライと聞くと中にあの甘いプヨプヨのゼリーが入っているの!と思う人が多いかと思います。
これがゼリーフライです。外見は普通のコロッケです。
画像

ゼリーフライを切断してみました。あの甘いプヨプヨの「ゼリー」は入っていません。残念でした。
衣の中にはおからが入っています
画像

ゼリーフライは豆腐のおからにジャガイモや野菜を混ぜたものを油で揚げたものです。とてもヘルシーな食べ物です。甘いゼリーは入っていません。
ではなんでゼリーフライというようになったのでしょう?
小判型をしているため「銭フライ」と呼ばれていたものが「ゼリーフライ」となまったとか言われていますが明治時代くらいから庶民や足袋工場の女工さんたちのおやつとして食べられていたようです。
この面妖な名前が注目を集めていましたが2007年11月に開催されました埼玉B級グルメ王選手権では見事2位となりました。ちなみに1位は深谷の煮ぼうとう3位は行田のフライです。

行田市では「行田名物フライマップ」を作成しPRに努めています。
画像

ではどのお店に行けばよいのでしょう?
このマップは同じく行田市にある「さいたま史跡の博物館」で入手しました。
職員の方に「どのお店がお勧めですか?」と聞いたところお立場上口ごもってしまいましたが、たまたま来館されていた地元の方が「かねつき堂が有名だよ。」と教えてくださいました。
これがかねつき堂です。
画像

かねつき堂は行田市のマップがわかりにくかったのですが忍城の近くです。
かねつき堂のゼリーフライは一人前が2個で180円です。
おいしいゼリーフライでした。毎日でも食べたいと思います。
画像

かねつき堂は月曜日が定休日で11時から18時までが営業時間です。
持ち帰りもできます。
рO48−556−7811
かねつき堂には「フライ」もあります。「フライの山下」に比べるとやわらかくあっさりした感じがしました。
名前はびっくりのゼリーフライをぜひご賞味くだいさい。

このゼリーフライ以外の埼玉B級グルメはこちらからどうぞ
埼玉B級グルメ@深谷の煮ぼうとう」について
埼玉B級グルメA行田のフライ  山下」について
埼玉B級グルメB加須のうどんマップ欠番の謎」について


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
埼玉B級グルメCゼリーフライ かねつき堂 埼玉へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる