埼玉へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 調神社 ツキがつきますよ

<<   作成日時 : 2007/11/30 16:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 0

浦和にあります調(つき)神社のご案内です。
この神社はウサギづくしの神社でも知られています。
画像

この写真のとおり手水もウサギさんです。

調神社は「つきじんじゃ」と読みます。
この社名から「ツキ」に恵まれる神社として信仰されています。
画像

調神社のご祭神は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)・豊宇気姫命(トヨウケビメノミコト)・素盞嗚尊(スサノウノミコト)です。
トヨウケビメの「ウケ」は食物のことであり、トヨウケビメは食物・穀物を司る女神として伊勢神宮外宮に祭られています。

調神社の「調」とは律令制における税制の「租庸調」の「調」を示しています。
「租庸調」の「調」とは絹や麻などの繊維製品もしくは地方特産品を納入することとでした。
現在では「調」は「ちょう」と読みますが、神社にお聞きしたところ古代においては「つき」と読んだらしいです。このことからも調神社が古い歴史を持っているのがわかります。

社伝によると、第九代開化天皇の代に創建され、第十代崇神天皇の勅命により参向した伊勢神宮の創建者であり斎主の倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が伊勢神宮に献上する調を納める倉を境内に建て、武蔵・総国の初穂米と調の集納・運搬所としたとされています。

この調の搬入の妨げになるため、倭姫命の指示により鳥居・門を取り払ったとされています。
そのため調神社には写真のように現在に至るまで鳥居がありません。
画像

調神社は氷川神社とは同じスサノウをお祭りしているにもかかわらず、その位置づけは大きく違います。
氷川神社は国譲りで大和朝廷に屈服させれた出雲族が建てた神社です。その起源は第五代孝昭天皇の創立とされています。出雲族は大和朝廷により東国に移封させられたらしくその心の拠り所として氷川神社を建てたのでしょう。
一方、調神社は支配者である大和朝廷が税の徴収のために建てた倉の場所にあり、大和朝廷の出雲族に対する監視施設でもあったかもしれません。
いずれにせよ支配者・被支配者の双方にとって大宮や浦和の一帯は東国経営の重要拠点であったようです。

さて、この調神社にはウサギさんがたくさんいます。
神社につきものの「狛犬」もここでは「狛兎」です。
画像画像










調神社は「調(つき)」の読み方が「月」と同じため、月待信仰(さんやまち)が起こった室町時代に「月の宮」であるとされるようになりました。
今でも地元では調神社を「つきのみやさん」と呼んでいます。
神社に電話すると「つきのみやです。」と答えられますが、これは地元の方が電話してきたときに「つきじんじゃです。」と答えると「間違えました。」と電話を切られてしまうことが多かったため「つきのみやです。」と電話に答えるようになったそうです。

調神社の七不思議のひとつに「松の木がない」というのがあります。
これはスサノウが大宮の氷川神社に行ったきり帰ってこないのに飽きた姉の月読命(つきよみのみこと)が「もう待つのはいやじゃ」と言った事が理由とされています。
実際には調神社には月読命は祭られていないのですが、室町時代以降「月の宮」とされてきたことにより月読命が祭られていると誤解されこのような話が生まれたようです。

画像

境内にウサギさんが多いのは月神の使途であるウサギを調神社の「使姫」としたためです。
写真のように池にもいます。
神社に何匹のウサギさんがいるかは神社でもよくわからないそうです。

なお、さいたま観光コンベンションビューローのHPの「つきのみやさんの七不思議」にある「祭神が嫌うため境内にはハエ・蚊がいない。」との話を神社に聞いてみたところ「清浄な境内なのでハエや蚊がいない、との話がちょっと誤解されたようです。」とのことでした。

このようにウサギづくしで鳥居のない調神社の一角にはちょっと異質の場所があります。
画像

これは安政年間に現在の本殿が建てられるまでの本殿だった建物を移設したものでお稲荷さんが祭られています。
そのため赤い鳥居も何本か立っています。
ウサギにとってキツネは天敵ではないのかな?そんな天敵(キツネさん)に母屋をあげていいのかな?と思って神社に聞いてみたところ、この地元ではお稲荷さんが昔から信仰されており調神社の境内にもかなり古くから祭られていたようです。
そもそも、稲荷神は本来は穀物・農業の神様です。
狐を稲荷神の使途とする考えは室町時代からのことで、更に稲荷神=狐とした信仰は江戸時代の誤解にもとずくものです
稲荷神と狐は一体ではありません。
そのため調神社の境内でお稲荷さんとウサギさんが同居してもなんら不思議ではないようです。

調神社の社務所ではこんなかわいい神楽焼のウサギのお守りを売っています。
画像

お値段は500円です。私も買ってしまいました。
これでツキがついて欲しいなあ、と思います。

調神社の場所はこちらです。JR浦和駅から徒歩10分位です。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
灼眼のシャナの舞台A 氷川女體(氷川女体)神社
灼眼のシャナU期第3話「疑惑の転向生」の神社はどこか? 最初見たときは「氷川女體(氷川女体)神社だ!」と思ったのです。 ...続きを見る
埼玉へようこそ
2007/12/01 02:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
調神社 ツキがつきますよ 埼玉へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる